即戦力となる人材を判別するためのコツと決めてくべきこと

人手不足に悩んでいる企業は多く、即戦力となる人材の需要は高まっています。実際、採用サイトを活用したり、採用代行サービスを利用したりして、採用の窓口を広げている企業も多いでしょう。

とはいっても、必ず即戦力となる人材が見つかるわけではありません。

しかし、即戦力となる人材を判別するためのコツを把握すれば良い人材を把握できる可能性はぐっと高まります。
そこでこの記事では、即戦力となる人材を判別するためのコツと決めておくべきことを解説します。

コツを把握して、良い人材を把握しておきましょう。

採用サイトを無料で制作したい方はこちら!制作~運用まで一括代行!

目次

そもそも即戦力とは?

そもそも即戦力とは企業が定めた要件を満たしている人材のことで、明確な定義はありません。

しかし、一般的に言われる即戦力とは次の3つに当てはまる人です。

  • 知識とスキルを持っている
  • 早めに職場に馴染めやすそうな
  • 飲み込みが早い

企業は組織として仕事を行っていくため、社風の理解への理解やコミュニケーション能力の高さも重要です。
スキルとコミュニケーション能力が長けていれば、より仕事を任せやすくなります。

即戦力になるか判別するコツ

即戦力になるか判別するコツとしては、次の4つです。

  • 業務に必要なスキルが備わっている
  • コミュニケーション能力が高い
  • 社風を理解しようとしている
  • こちらの質問にきちんと応えているか

即戦力の人材を求める方は、これから紹介するコツを押さえておきましょう。

業務に必要なスキルが備わっている

即戦力の大前提として挙げられる条件が「業務に必要なスキル」が備わっていることです。

あらかじめ業務に必要なスキルが備わっていれば、早期に仕事を依頼できるだけではなく、教育にかかる時間とコストを減らせます。人手不足に悩んでいる企業は時間には余裕がなく、早めに業務に慣れてほしいのが本音。

即戦力となる人材を見つけられれば、本来の時間よりも早くに業務に取り組んでもらうことが可能です。

コミュニケーション能力が高い

何度か述べたように、企業は組織で仕事をしていくチームワークです。1人で仕事をする場合はコミュニケーション能力がなくともやっていけるかもしれませんが、組織でやっていくうえで他の社員との関わりは欠かせません。

コミュニケーション能力が高ければスムーズに話が進み、職場に素早く馴染むことが可能です。仮にスキルがあったとしても、コミュニケーション能力が低ければ本人が仕事に打ち込めないだけではなく、職場の雰囲気を悪くする原因ともなります。

面接ではスキルを見るだけではなく、受け答えを確認してコミュニケーション能力があるかも観察しましょう。

社風を理解しようとしている

中途採用は即戦力となる人材が見つかるメリットはあるものの、前職のやり方にこだわって雰囲気が合わないケースもあります。社風とずれていればチームワークが難しくなるだけではなく、実力も発揮できません。

とはいっても、部署によって社風との違いはあり、事前に完璧に説明するのは難しいものです。そこを理解して「今の環境に慣れよう」「社風を理解しよう」と努力できる人材は、環境に馴染むのが早いと期待できます。

しかし、企業側は社風と実際の現場でギャップがあると発覚した場合、それらを放置してはいけません。すでにいる社員にも社風を理解してもらうように努力しまししょう。

こちらの質問にきちんと応えているか

聞かれた質問に対して答えられない場合、コミュニケーション能力が低い可能性があり、業務での指示がうまく伝わらない可能性があります。

また、質問に対してきちんと応える姿勢は誠実ともいえます。

質問を無視して話をすり替えたり、質問とは違う回答をしたりといったことが多い場合は、意思疎通がうまくできない可能性があるため注意が必要です。

即戦力を採用するうえで決めておくべきこと

即戦力を採用するうえで決めておくべきことは、次の2つです。

  • 採用基準の明確化
  • 採用窓口を広げる

ここでは、それぞれの決めておくべきことをみていきましょう。

採用基準の明確化

優秀な人材を求めるためには、採用基準の明確化が必要です。例えば同じ社内でも、部署によってはコミュニケーション能力が高い人を求めていたり、すでにスキルが備わっている人を求めていたりと差があります。

採用基準の明確化、統一化ができていないうえで採用をしても、実際に業務をすると育成に時間がかかり大きな労力が発生します。採用された側も思うように仕事に取り組めず苦労をしてしまうため、そうならないためにも採用基準は明確化しましょう。

人手を必要としている部署がどのような人材を求めているのか箇条書きで書き出したり、反対にNGな人物を挙げたりしてみてください。

採用窓口を広げる

より多くの人材を見つけるためには、採用窓口を広げるのが効果的です。自社サイトから応募する方や転職サイト・転職エージェントを通して応募する方の特徴は異なります。

採用窓口を広げれば、それだけより多くの人材に出会うことが可能です。また、それだけではなく、企業側の負担も減ることにもつながります。例えば転職エージェントの場合はエージェント側が人材を厳選してくれるため、採用企業の手間が省けます。

費用自体はかかるものの、人事への負担やより良い人材の獲得のためには、他の採用窓口の導入を検討してみましょう。

まとめ

即戦力となる人材は同じ企業でも人によって異なるものです。だからこそ、採用基準の明確化をして、優秀な人材を逃さないようにする必要があります。

しかし、そもそも応募が来ない、採用活動にそれほど多くの時間が避けられないといった企業も少なくはありません。
そこでおすすめなのが採用ヒーローです。

採用ヒーローは「求人広告代行」「採用サイト制作・運用代行」「応募代行受付」3つのサービスを提供しています。「人事の負担を減らしたい」「予算が限られている」といった企業は。材を見つけることが可能です。ぜひ一度採用ヒーローに相談くださいませ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次