学生アルバイトを活用することはメリットが多い!採用・雇用する際の注意点も解説

学生アルバイト メリット
学生アルバイト 採用
学生アルバイトのメリットは?

学生アルバイトは、採用コストの削減・今後長期的に働いてくれる人を雇える可能性がある、といったメリットが考えられます。

多くの店舗や会社で採用される学生アルバイト。
企業としては土日祝日問わずシフト管理することができ、学生としては卒業前に社会人生活に少し触れられるます。上手に運用すれば、双方にメリットがあります。

本記事では、学生アルバイトを採用することによるメリット雇用時の注意点を解説します。学生アルバイトの採用を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

目次

学生アルバイトの種類

学生アルバイトは、主に専門学生、大学生、高校生などが対象になります。
特に大学生になると応募できるバイトの幅が広がり、企業のインターンシップや20歳以上が対象の求人にも応募が可能になってきます。
飲食店やアパレルショップなどの接客業、食品製造、仕分けなどの工場バイト、引っ越しや工事スタッフなどの現場作業などさまざまなアルバイトがあります。アルバイトは、基本的に未経験でも採用されやすい職種が多くなっています。

学生アルバイトを採用したい方はこちら!初期費用・ランニングコスト0円!求職者と面接が決まるまで課金はなし!

学生アルバイトの採用メリット

学生アルバイトの採用メリット

学生がアルバイトをするうえで、企業側にはどんなメリットがあるでしょうか?
以下では、

  • 人手不足の解消
  • 将来のキャリア形成
  • コスト削減

という3つに絞って解説します。

学生アルバイトの採用メリット①人手不足解決につながる

学生アルバイトの特徴は、土日や休日といった繁忙期においても人員を確保できるという点が挙げられます。学業と並行してアルバイトに来る学生は、平日よりも休日の方がむしろシフト調整をしやすいケースが多いです。

そのため、特定の繁忙期にどうしても人員を確保したいという場合に、学生アルバイトがいることで人員不足の解消にもつながります。

学生アルバイトの採用メリット②学生の将来のキャリア形成にもつながる

2点目のメリットは、学生の将来のキャリアにもつながる点です。
ファーストフード店、イベント運営会社、製造アルバイトなど多くのアルバイトがありますが、将来企業に正社員として就職するうえで、アルバイトにおける経験は学生にとってもプラスに働きます。

大手ファーストフード店のマクドナルドや、コンビニチェーンのセブンイレブンなど、アルバイトにおけるリーダー経験、売上を上げた経験、マーケットニーズを学んだ経験を生かして旅立ってくれる学生が多ければ、企業のブランディングにもつながるというメリットが考えられます。

学生アルバイトの採用メリット③コスト削減につながる

フリーターや主婦の方々の場合、アルバイトをする際は経験者であることが多いです。経験者であれば、その分時給を高く設定するケースも考えられ、結果的に人件費を圧迫してしまう恐れがあります。

学生アルバイトの場合は未経験での採用が多いため、最初の時給を比較的低めに設定することができます。また若くて吸収も早い学生であれば、その後店を任せられるくらいの人材に成長できることも考えられ、コストパフォーマンスが高いという特徴があります。

学生アルバイトを採用するデメリットは?

学生アルバイトを採用するデメリットは、大学・専門学校の試験などでシフトに入れなかったり、長期休みの帰省・部活動・サークルなどで欠勤が発生することです。
さらに、学校の卒業と同時に退職が決まっていおり、人員の入れ替わりが定期的に発生してしまいます。

学生アルバイトを採用したい方はこちら!初期費用・ランニングコスト0円!求職者と面接が決まるまで課金はなし!

学生アルバイトを雇用する際の注意点

学生アルバイトを雇用する際の注意点

学生にとっても、企業にとってもメリットの多い学生アルバイトですが、学生アルバイトを雇用する際にはいくつか注意するべき点があります。以下にて詳しく解説していきます。

  • 適切なシフト管理をする
  • 大学との連携を図る
  • 労働条件を明示する

適切なシフト管理をする

1つ目の注意点は適切なシフト管理をすることです。これは学生アルバイトに限ったことではありませんが、いろんな人たちが勤務する現場において、なるべく本人たちの希望通りのシフトを組むことが重要になります。

エクセルやスプレッドシートなどを活用したり、勤怠管理システムを導入することで、“シフトに入りたいのには入れない”というアルバイト側の悩みを解決することにもつながります。

大学との連携を図る

2つ目は大学との連携を図ることです。
最近では、一般企業がインターンシップという形で学生アルバイトを採用するケースが増えてきています。
特に大学の場合、企業との連携を望む大学もあり、企業側も上手く大学側と連携できれば、優秀な新卒学生の囲い込みにも繋がります。
「社員を雇う予定はないが、人手不足で困っている」という企業担当者の人は、学生アルバイトの採用を検討してみてはいかがでしょうか。

労働条件を明示する

3つ目は労働条件を明示することです。
厚生労働省からの注意喚起にもある通り、最近では大学生や高校生等のアルバイトをめぐるトラブルが社会的に大きな問題となっています。

学生の本分である学業と、生活補助のためのアルバイトは適切な両立が求められます。しかし、「ブラックアルバイト(バイト)」と呼ばれるアルバイトの雇用者が、学生という理由で給与を搾取したり、無理なシフトを強要するケースが見受けられます。

雇用する側は、各都道府県別に制定されている最低賃金を下回らない時給を設定し、週にどれくらい入ってほしいか?等の労働条件を必ず明示するようにしましょう。

学生アルバイトを採用したい方はこちら!初期費用・ランニングコスト0円!求職者と面接が決まるまで課金はなし!

まとめ:学生アルバイトのメリットを理解して採用しよう!

学生アルバイトを採用する方法やメリット・デメリットを解説してきました。時間を問わずシフト調整が可能な学生アルバイトを採用することは企業にとってもメリットになります。
しかし、人事担当者の中には採用活動と並行しながら他業務も請け負っている方がいるかもしれません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

求人営業として原稿作成・集客などを学び、「スミジョブ」「京栄くん」の運営に携わる。自社メディアのデータ分析・改善からコラム記事を書いてくれるフリーランスの管理・指示など幅広く業務を行っています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次